スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスプレイ用の豆本

小物作り
131130 - 33

我が家の本棚を埋めるという重要な役割を持つディスプレイ用の豆本。
今回は20冊作りました〜(´∀`*)
需要は全く無さそうですが、せっかく「小物作り」というカテゴリーがあるので、作り方を載せたいと思います(笑)。

続きは畳みますね。
【必要な物】
・厚紙
・装丁に使う紙(色紙とかなんでも)
・本の厚みを出す為のもの(発泡スチロールとか)
・定規
・カッター
・両面テープ

つまり本の大きさに切った厚紙に色紙を貼って、厚みのある物を挟んだら完成です。

①本の中身を作る。
本の厚みを出す為の物は、切りやすければ何でも良いと思います。
わたしはダイソーで買ったコレを使っています。↓
131130 - 27
商品名「カラーボード 木目柄」。材質はポリスチレンだそう。
厚みが5㎜。
これの何が良いかと言うと、まず切りやすい。
そして薄茶色なので本の横から見えても古書っぽい感じが出る(笑)。

で、これを作りたい本の大きさに切り出します。↓
131130 - 28


②厚紙を切る↓
131130 - 30

先程作った本の中身よりも少し大きめに切ります。
真ん中の2本の線で折るので、カッターで少し切れ目を入れておくと楽です。


③色紙でくるむ
装丁に使いたい紙は厚紙よりも大きめに切ります。
各辺+1㎝あればとても安心ですが、5㎜でも大丈夫です。
そして、切り出した厚紙に両面テープを貼り、装丁に使いたい紙に貼ります。
うちでは色紙を使っていますが、パソコンで素敵な印刷が出来る様な方はそういった物を装丁に使われると良いと思います。
表紙等のデザインに困らないと思うので(*^^*)

厚紙の内側にも両面テープを貼って、くるんだ物がこちら。↓
131130 - 29

写真が無くて申し訳ないのですが、色紙の四隅を切り落としてからくるんでます。
厚紙の角から1〜2㎜程度離したあたりで切り落としておくと、包み込む時に角が綺麗になります。
長い辺から貼って行くのがコツ。

④本の中身を貼る。
①で作った本の中身に両面テープを貼り、厚紙に挟み込んで行きます。

出来上がりはこちら。↓
131130 - 32

ラインと文字はゴールドのボールペンで書いています。
わたしの様に手書きでライン等入れる方は、③の段階で書いておいた方が楽ですよ。
良い感じのスタンプとかあれば、表紙に困らないんだけどな…。
今回は自分で書きました。
「La corda d'oro premium box」と書いてあります。
某乙女ゲーです(笑)。
ちょうど手近に筆記体で書かれたパッケージがあったので(笑)。
それっぽく見えれば良いかな〜と。


…こんな感じです。
わーお。なんて中身の無い製作日記なのだろうか(^ω^;;)

基本、ほぼ目分量でやってます。
ポリスチレンを2枚重ねて挟んで、本に厚みを出すのもアリです。


ここまで読んで頂いた方、本当にありがとうございますm(_ _)m
次回はドールの写真を載せますので〜!!
スポンサーサイト
休日には読書をして過ごします 〜八千代編〜 | Home | コートを着ておでかけ②

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。